あずきと亀やんとだんごと時々手仕事

幸せのかたまりの雑種犬2dogsとキラキラお目めの石亀の~んびり・ゆ~ったり・楽しい手仕事の暮らし

北陸へ

父の故郷、富山へ行って参りました。母と姉の三人旅。
おじさんおばさんに会い、おじさんには父の面影の感じます。
みんなとゆっくりお話しできました。
父の思い出話に花が咲きます。
いとこの子供たちもすっかり娘さん、息子さんになっていて
みんな元気で何よりでした。


本当はきれいな立山からなる山並みや散居村の景色を楽しみにしていたのですが黄砂がそれを阻んで少し残念でしたが、彫刻の町井波町へ行ってきました。

110508-1.jpg

井波町は富山で有名な欄間の彫刻や菅原公の置物などが盛んに彫られている町。古き良き町並みでとても面白かったです。
この看板も渋いです。


110508-2.jpg

看板は家主さんの干支が必ず彫られていて
とてもユニークで素敵でした。


110508-3.jpg

お店の中ではこのように彫っているところも見れました。
色々質問して色々教えてもらいふむふむと感心するばかりです


110508-4.jpg

情緒があって良い感じです。


110508-5.jpg

消火栓もレトロ。


110508-6.jpg

洋服屋さんが未年ってなんだかうらやましい気がします。



彫刻がすばらしい瑞泉寺が町の奥に。

110508-7.jpg

昔の人の技術にほれぼれ。


110508-8.jpg

このお寺は何度か火事にあっていてそれを龍が消したという言い伝えがあり、あちこちに龍の彫り込みがありました。見事です。


110508-9.jpg

悪い夢を食べる獏。なんだかとても愛嬌があります。


110508-10.jpg

立体的なすばらしい彫り。職人技に心奪われます。


110508-11.jpg

獅子の子落としの彫刻。意味は自分の子に試練を与え、その才能を試すこと。可愛い子には旅をさせよ。など父と母の教えがそこにはあるような気がするそんな彫刻。


110508-12.jpg

近くの神社にはすばらしい杉の木が・・・圧倒的な存在感。


110508-13.jpg

水芭蕉の葉の色が鮮やか。


110508-14.jpg

カタクリの花にも出会えました。

離れていて頻繁には会えないけど
親類との絆は大切だなぁと感じるそんな時間が過ごせました。

Category : 日記
Posted by sunafukin on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://azuki1018.blog34.fc2.com/tb.php/328-5edb211f
該当の記事は見つかりませんでした。